開運文字講座NO. 4

開く

弘法大師は、末広がりの文字を書いていたそうです。

門がまえ、国がまえなどでその特徴がよくわかります。

神社の鳥居のように、下部が広がっている書き方です。

下の部分が、どっしりと広がっている文字は安心感がありますが、珠江先生の

ようにこのような書き方をする方は、存在感があり、周りの人からも頼られる

タイプの方です。

右側が傾いている字を書いている方は、危ない足を渡ることを好む傾向があり

ます。うまくいっていいのですが、何か予期せぬできごとがあると、不安定に

なりますので、要注意です。

筆跡診断士 水橋 史希子

筆跡診断について、詳しいことはこちらにどうぞ http://gloriatime.com/graphology